Author Archives: admin

「マザーズ先物見通し:反落、デジタル化関連に期待」を読んで

Yahoo!ファイナンスが掲載している株式会社フィスコの「マザーズ先物見通し:反落、デジタル化関連に期待」という記事に注目してみました。

9月7日のマザーズ先物は落ち込むことが予想されています。前日のアメリカ市場は、ダウ平均28032.38ドル、ナスダックに関しては11050.47ポイントで取引が終わりました。FOMCでのハト派姿勢を期待する方向性になり、寄り付きから順調に進行。予想されていたように、大規模緩和策を据え置いて、スタッフ予測がマーケット予想を上回る長期間でゼロ金利を予想していることがわかると大きく上昇しました。

しかし、会見でパウエルFRB議長は、現行の資産購入規模がふさわしいとし、現行のガイダンスは非常に強力であるとの考えを述べました。すると、追加緩和の期待が薄れ、引けにかけて上げ幅が縮小する傾向になったそう。

17日のマザーズ先物は、アメリカナスダックの反落や、順調な流れのナイトセッションにより、マイナス圏で開始されるのではないかといわれています。国内では、菅首相により全閣僚でデジタル化を推し進める指示があったそうで、電子化関連銘柄が相場を高めることが予想されているとのこと。

「イオン、「ホームコーディ」の秋冬商品を展開 在宅ワークに便利な「高脚こたつ」など」を読んで

Yahoo!ファイナンスが掲載している株式会社フィスコの「イオン、『ホームコーディ』の秋冬商品を展開 在宅ワークに便利な『高脚こたつ』など」という記事に注目してみました。

今月の15日からイオンが、同社ファッションブランドである「ホームコーディ」のAW商品を、約500店舗で展開することを明らかにしました。ラインナップは、調理小物・器具、掃除用品、寝具など600アイテムほど。

新型ウイルスの影響で、おうち時間が増えたことにより、家でより快適に温かく過ごすための暮らし方、働き方の変動に対応した商品を開発したといいます。そのなかでも、新商品の「なめらかフィット掛ふとん」には、高断熱のナノフィルタという素材を採用し、ブランド史上最高の温かさになったそう。同社の羽毛掛け布団と変わらぬ保温性を実現したといいます。
また、在宅ワークでも役立つ、椅子に座ったままこたつで温まれる「高脚こたつ」も販売。こたつの側面にUSBコネクタやコンセントが搭載されているそうで、パソコンの電源やスマホの充電が可能だそう。
これらの商品は、同社のECサイトでも販売されるそうなので、ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか?

「TOKAIホールディングス—LPガス基幹システムを再構築し、LPWA 自動検針化を推進」を読んで

Yahoo!ファイナンスが掲載している株式会社フィスコの「TOKAIホールディングス—LPガス基幹システムを再構築し、LPWA 自動検針化を推進」という記事に注目してみました。

9月10日、TOKAIホールディングスは、エネルギー事業を行っている子会社のTOKAIが、LPガスの再構築および運用開始をすることを発表しました。運用開始は10月から。また、これにともなってLPガスの自動検針化も進めていくとしています。
目的は、ガス配送業務の効率化とペーパーレス化によってCO2の排出量削減に寄与することだそうです。

自動検針ではLPWA端末を使用しており、従来担当者によって手作業で行われていたものを自動に切り替えるといいます。それにより、郵送費の削減とペーパーレスで、コストが下がるのだそう。また、顧客のLPガス残量の把握度がアップするので、AIを使用した配送ルートや配送時間が最適化し、配送業務の効率アップにつながるといいます。
取得データは、TOKAIグループDMPの“D-sapiens”と連携することで、今まで不可能だった顧客ごとの生活・行動パターンを予想し、新しいサービスを生むことや事業開拓になるとされています。

「SHIFT、ITコンサルティングやERP導入支援等を行うホープスの全株式取得、子会社化へ」を読んで

Yahoo!ファイナンスが掲載している株式会社フィスコの「SHIFT、ITコンサルティングやERP導入支援等を行うホープスの全株式取得、子会社化へ」という記事に注目してみました。

ソフトウェアの品質保証やテスト事業などを行うSHIFTが、ホープスのすべての株式を取得することを発表しました。取得価格は3,050百万円。

ホープスは、企業向けに物流・生産の機能改善や、情報システムの設計・開発・運用、基幹業務システムの分析・改善といった業務を実施しています。

今回のM&Aで、SHIFTはERPシステムを導入するところから保守までの様々な実績やノウハウを持ち合わせているホープスを傘下に入れたことで、その分野でのサービス体制を強化していくとしています。さらに、ホープスが有している顧客基盤にアクセスすることで、SHIFTグループとして、さらなる顧客ポートフォリオの拡大と深耕の加速を目的にするといいます。
今後のスケジュール日程に関しては、株式取得実行日を今月の30日に控えているようです。

「マザーズ先物見通し:続伸、クラウド関連やネット広告関連が下支え」を読んで

Yahoo!ファイナンスが掲載している株式会社フィスコの「マザーズ先物見通し:続伸、クラウド関連やネット広告関連が下支え」という記事に注目してみました。

9月3日のマザーズ先物は続伸するとされているそうです。前日のアメリカ市場は、ダウが29100.50ドル、ナスダックが12056.443ポイントとなりました。8月のADP雇用統計は予想より低かったものの、7月の製造業受注・耐久財受注改定値が予想を超えた数値だったため上昇後、寄り付くこととなりました。

また、FRBにより発表された地区連銀経済報告で、アメリカでの経済活動拡大継続がはっきりし、引けにかけて上昇したそうです。ナスダックに関しても上昇。3日のマザーズ先物は、ナイトセッションの上昇やアメリカ市場の好調さにより引き続き伸びていくとされています。バイデン氏がアメリカ大統領選挙で広告費を増やしていることや、日本国内でも今後ネット広告のニーズが高まる予想から、マザーズ市場でもネット広告関連銘柄が動意するのではないでしょうか。

クラウド銘柄に関して、日立グループなどを顧客としている米オクタが日本に本格的に参入、企業のクラウド導入も本格化するという見解により、時価総額上位のフリーなどがマザーズ先物に寄与するのではないかとされています。

「CAICA—フィスコ仮想通貨取引所に対する業務改善命令の報告終了に関するお知らせを発表」を読んで

Yahoo!ファイナンスが掲載している株式会社フィスコ(代表:白井一成)の「CAICA—フィスコ仮想通貨取引所に対する業務改善命令の報告終了に関するお知らせを発表」という記事に注目してみました。

8月31日、CAICAが持分法関連企業のフィスコデジタルアセットグループの子会社の、FCCE(フィスコ仮想通貨取引所)が実施してきた業務改善・実施状況の継続的な報告をやめることを公表しました。FCCTは、暗号資産交換業を運営してきた会社です。

同社は、暗号資産交換業を正確・適正に遂行するため、昨年の6月21日をもって、金融庁から業務の運営に不可欠な措置をとるように、業務改善命令を下されていたそうです。報告については終了しましたが、正確な業務運営を保つため、引き続き寧部管理態勢・経営管理態勢の強めていくとしています。また、システムリスク管理態勢や法的遵守を維持しながら、さらなる顧客の利便性アップに取り組むそうです。

「ユニマット、有料老人ホームの経営を行うアメニティーライフの全株式取得、子会社化へ」を読んで

Yahoo!ファイナンスが掲載している株式会社フィスコの「ユニマット、有料老人ホームの経営を行うアメニティーライフの全株式取得、子会社化へ」という記事に注目してみました。

ユニマットは、三井住友建設の子会社であるアメニティーライフを傘下にいれることを公表し、完全子会社化に関しての基本合意書を締結しました。

ユニマットは、介護事業を中心に、飲食事業やその他さまざまな事業を展開する企業です。
アメニティーライフは、介護付き有料老人ホームの“アメニティーライフ八王子”を運営するなどの活動を行っています。

今回のM&Aで、ユニマットは“アメニティーライフ八王子”と連携。八王子市内の介護人材の教育や既存拠点との職場環境づくりにおいて、ノウハウの共有も含めた相乗効果を目指すそうです。また、サスティナブルな成長を見通し、複合介護施設の収益力・運営力をさらに強めていく考えだといいます。

「バリュエンスホールディングス—2020年8月期の連結業績予想及び配当予想を修正」を読んで

Yahoo!ファイナンスが掲載している株式会社フィスコの「バリュエンスホールディングス—2020年8月期の連結業績予想及び配当予想を修正」という記事に注目してみました。

8月20日、バリュエンスホールディングスが、今年度8月期の業績・配当予想を修正したことを明らかにしました。

連結業績予想に関しては未定とされていましたが、今の時点で入手できる情報にもとづいて算定したそうです。売上高は369億円。

仕入れ面については通常の営業を再開し、順調に回復の傾向にあるといいます。販売面では、オークションのオンライン化を進めており、参加パートナー数が増え、仕入れ量が回復してきたと同時に出来高も増加しているそう。なお、委託出品の受け付けも、プラットフォームの拡大に向けてスタートしたといいます。これらのことから、直近では新型ウイルスが蔓延する以前のレベルにまで業績が回復しているとのこと。

配当予想も未定となっていましたが、業績の動きや配当方針、財務状況などから総合的に勘定し発表されました。

「パイプドHD—社会情報学会役員・評議員選挙にオンライン投票システムを提供」を読んで

Yahoo!ファイナンスが掲載している株式会社フィスコの「パイプドHD—社会情報学会役員・評議員選挙にオンライン投票システムを提供」という記事に注目してみました。

8月18日、パイプドHDの子会社であるVOTE FORは、社会情報学会に向けて“オンライン投票システム”を提供したことを明らかにしました。

今までは、社会情報学会での役員・評議員を選出するための選挙は、投票用紙に記入する形で行われてきたそうです。しかし、新型ウイルスの感染拡大を懸念し、感染防止のため今回の投票はオンラインで実施することが決定したといいます。このような経緯で、同社のシステムを導入することとなったそうです。

同社はこれからも、投票する人にとっての利便性をアップさせ、事務局の業務効率を工場させるためにサポートしていくとのこと。また、インターネット投票における諸制度や、技術に関する検証・研究を行うとともに、安心して使用できるシステムづくりを推進していくといいます。

「ジャパンベストレスキューシステム—Googleマイビジネスを活用した集客支援サービスを提供開始」を読んで

Yahoo!ファイナンスが掲載している株式会社フィスコの「ジャパンベストレスキューシステム—Googleマイビジネスを活用した集客支援サービスを提供開始」という記事に注目してみました。

8月18日、ジャパンベストレスキューシステムは、エフェクチュアルと業務上の提携をし、“Googleマイビジネス”を用いた集客サポートサービスを始めることを明らかにしました。
エフェクチュアルは、不動産向けのコンサルティングサービスを実施しています。

今回発表されたサービスでは、“Googleマイビジネス”を用いることで、Google上で検索した不動産会社のGoogleマップページから、一度クリックするだけで簡単にオンライン内見へと誘導できるそうです。
認知をはじめ、運用、口コミ管理、コンサルティングを一貫してストップすることなく実現でき、集客にかかるコストを削減する事が可能になるといいます。

両社は、新型ウイルスが蔓延する社会情勢のなかで、それぞれの持つノウハウを活かしつつ、オンラインでの戦略的な不動産サービスを届けていくとしています。