「CAICA—ブロックチェーン技術を活用したトークンエコノミープロジェクトの実証実験を岩手県で開始」を読んで

Yahoo!ファイナンスが掲載している株式会社フィスコの「CAICA—ブロックチェーン技術を活用したトークンエコノミープロジェクトの実証実験を岩手県で開始」という記事に注目してみました。

1月20日、CAICAは子会社であるCAICAテクノロジーズがジオファーム八幡平とともに、新プロジェクトの実証実験をスタートすることを明らかにしました。このプロジェクトは、ブロックチェーン技術を活かして引退した競走馬のセカンドキャリア形成をサポートするものだそうです。

ジオファーム八幡平は、馬と地域資源を基盤とした持続可能な農場を目標に設立されたファームです。これまでに馬との繋がりが深いマッシュルームの生産を行うなど、引退した競走馬が、引退後も様々な形で活躍できるような仕組みを作っているといいます。

今回実施された実証実験は、ブロックチェーンを用い、馬由来のマッシュルームであることを証明。そして、消費者の購買思考への影響力を調査するというもの。また、マッシュルームを買うと受け取れるトークン「ウマッシュコイン」を使ったトークンエコノミーが、今後どのように拡大するかの検証も行うそうです。

「JCB、Keychainと決済ソリューションを開発 ブロックチェーン活用【フィスコ・ビットコインニュース】」を読んで

Yahoo!ファイナンスが掲載している株式会社フィスコの「JCB、Keychainと決済ソリューションを開発 ブロックチェーン活用【フィスコ・ビットコインニュース】」という記事に注目してみました。

1月19日、JCBは、ブロックチェーン企業のKeychainと決済ソリューションを開発し、その実証実験をスタートしたことを明らかにしました。同ソリューションは、Machine to Machineの分野におけるマイクロペイメント対象のインフラに関するものだそうです。

Keychainが扱っている「Keychain Core」というアプリ開発フレームワークは、あらゆるブロックチェーン基板上にて使用でき、企業が既存アプリやインフラなどと用意に統合可能とのこと。また、デバイス関係になく対応するといいます。

JCBは本件のブロックチェーンの活用について検討することにより、次世代の決済分野でのオペレーション整合性をアップさせることや、サイバーセキュリティを強めることを目指し、新しいソリューションサービスを提供していくといいます。

「ピアズ—2Linksとエイチ、エイチオフィスクラウドの実証実験を開始。コロナ禍でのリモートワークのさらなる推進へ」を読んで

Yahoo!ファイナンスが掲載している株式会社フィスコの「ピアズ—2Linksとエイチ、エイチオフィスクラウドの実証実験を開始。コロナ禍でのリモートワークのさらなる推進へ」という記事に注目してみました。

1月13日、ピアズによって子会社である2Linksが、エイチとリモートワークを推進するのを目的に、エイチオフィスクラウドの実証実験をスタートすることが明かされました。

2Linksは、昨年6月にリモートワークを推進する事業を実施するために設立された会社です。一方、エイチは、企業が利用する多彩な用途に対応する会議室やレンタルスペースを提供するプラットフォームを運営。紹介している会場は、全国で12000件にものぼるといいます。

両社の共通点は「働く場所の提供」であり、お互いの経営資源をシェアすることで、法人・個人向けサービスがさらに利用しやすいものとなると同時に、販路拡大やコスト削減にもつながるとしています。そして、各事業がより加速していくと期待し、昨年10月に業務提携したとのこと。

エイチオフィスクラウドというシステムは、会場ネットワークより希望のワークスペースを確保できるというもの。用途に合わせた会場をコンシェルジュが案内。企業が検索条件を決められ、情報セキュリティリスクの可能性のある会場の利用制御や、従業員ごとの予算設定で予算オーバーになることを防ぐことができるといいます。

「Jトラスト—Group Lease PCLに対する現状の認識について、進展を発表」を読んで

Yahoo!ファイナンスが掲載している株式会社フィスコの「Jトラスト—Group Lease PCLに対する現状の認識について、進展を発表」という記事に注目してみました。

1月12日、Jトラストは子会社であるJトラストアジアが今までに継続して開示しているGroup Lease PCL(以下GL)についての経過を明らかにしました。

昨年10月の同社の適時開示の通り、GLの子会社であるGroup Lease Holdings Pte.Ltd.などに対し、シンガポール共和国の控訴裁判所は、Jトラストアジアへ損害賠償と訴訟費用を支払うことを命じたそうです。

Jトラストアジアは、この判決にもとづく債権の回収のため強制執行をスタート。12日までに必要な費用を差し押さえて回収したようです。また、同社は当該判決の一部履行を受領。残りの債権の回収に向けて引き続き尽力していくといいます。

また、今回の件は同社連結業績に影響を及ぼすが、それに関する具体的な内容は調査中であり、決まり次第開示するとしています。

「USEN-NEXT HOLDINGS—グループ初のサテライトオフィスをオープン」を読んで

Yahoo!ファイナンスが掲載している株式会社フィスコの「USEN-NEXT HOLDINGS—グループ初のサテライトオフィスをオープン」という記事に注目してみました。

1月6日、USEN-NEXT HOLDINGSは東京都町田市にて、同社グループとして初めてのサテライトオフィスをオープンしたことを明らかにしました。

同社グループでは、働き方改革推進のひとつとして、2018年からグループ各社でリモートワーク制度やフレックスタイムなどを導入。場所と時間といった縛りから解放した仕事中心の自由な働き方を進めていました。

今回オープンした町田サテライトオフィスは、これまでの支店にコワーキングスペースを加え、町田支店の社員でなくともサテライトオフィスでリモートワークができる形となったそうです。

今後も、職住近接によって通勤負担を減らし、通勤の際の新型ウイルス感染予防対策のため、サテライトオフィスの増設をしていくといいます。

「ピアズ—ドコモ光オンラインヘルパーセンターを開設。コロナ禍でニーズ増のオンラインによる非対面型の接客手法を拡充へ」を読んで

Yahoo!ファイナンスが掲載している株式会社フィスコ(代表:白井一成)の「ピアズ—ドコモ光オンラインヘルパーセンターを開設。コロナ禍でニーズ増のオンラインによる非対面型の接客手法を拡充へ」という記事に注目してみました。

1月4日、ピアズは東京の千代田区にて「ドコモ光オンラインヘルパーセンター」を開設および運営をスタートしたことを明らかにしました。目的としては、以前から業務受託しているオンラインシステムを利用した非対面型の接客方法であるオンラインヘルパー業の拡大のためとのこと。

同社はこれまで、ドコモショップをメインとした販売チャネルに販売促進をはじめ、教育・研修、マネジメントサポートを実施するコンサルを派遣するなどして、窓口のサポートを行ってきました。
昨今、新型ウイルスにより日対面型の接客方法のニーズが高まっていることを受け、同社は日対面型での新たな接客方法を展開。より一層の販売効率化と顧客満足を目指すため今回のセンター開設を実施したそうです。

「デリカフーズホールディングス—ミールキット事業の孫会社「デリカフーズ長崎」設立を発表」を読んで

Yahoo!ファイナンスが掲載している株式会社フィスコの「デリカフーズホールディングス—ミールキット事業の孫会社「デリカフーズ長崎」設立を発表」という記事に注目してみました。

12月21日に、デリカフーズホールディングスの子会社・デリカフーズが、完全子会社である「デリカフーズ長崎」を設立することを明らかにしました。

デリカフーズホールディングスは、国内の人々の健康増進や農業の発展に貢献する取り組みを目標としてきました。昨今新型ウイルスの感染が広がるなかで、人々と食の関係性が複雑化していくことに対し、様々な事業の発展を推進し対応していくそうといいます。具体的には、一般消費者へダイレクトに販売することや、小売業態への販路を広げることなど。

このような取り組みのひとつとして、今回孫会社となる「デリカフーズ長崎」を設立し、木ッと商品の開発や製造、販売などを行うミールキット事業をスタートさせることを決定したそうです。事業の開始は、来年の2月を予定しているといいます。

「JIG-SAW—IR情報冊子を制作、グローバルIoTデータコントロール事業を株主に訴求」を読んで

Yahoo!ファイナンスが掲載している株式会社フィスコの「JIG-SAW—IR情報冊子を制作、グローバルIoTデータコントロール事業を株主に訴求」という記事に注目してみました。

12月21日、JIG-SAWが「グローバルIoT事業」をメインとしたIR情報冊子を制作。主に個人投資家を対象として、事業現況や活動のほか、これからの発展性について訴えかけることを発表しました。

JIG-SAWは、業績やニュースに関しては、日々の情報発信のなかで明らかにしています。しかし、同社サービスは個人向けとしてはあまり馴染みのない企業向けとなっているため、個人投資家を対象に、より深い事業現況や活動、これからの発展性についての情報を直接的に届けていくそうです。
配送については来年の月末を予定しているとのこと。希望者には、バックナンバーの申し込みも受け付けているといいます。

「システム・ロケーション、韓国で自動車関連コンテンツ開発事業等を行うValue able Co.,Ltd.の株式取得」を読んで

Yahoo!ファイナンスが掲載している株式会社フィスコの「システム・ロケーション、韓国で自動車関連コンテンツ開発事業等を行うValue able Co.,Ltd.の株式取得」という記事に注目してみました。

システム・ロケーション株式会社が、バリューアブル社を傘下に入れることを決定しました。韓国Value able Co.,Ltd.(バリューアブル社)が行う第三者割当増資を引き受けることによる子会社化とのこと。
また、第三者割当増資によって、バリューアブル社の資本金がシステム・ロケーションの資本金の10%以上を占めるため、同社は特定子会社に当てはまるそうです。取得価額は33.3百万円。

システム・ロケーションは、自動車関連事業者を対象とした業務サポートを展開しています。一方、バリューアブル社は、自動車関連コンテンツ開発事業や自動車関連事業者向けシステムサービス事業を行っています。

今回のM&Aで、システム・ロケーションは、グループとして国外事業の強化を目指すそうです。また、データ分析・商品開発、営業やマーケティングの知識、顧客ベースの相互活用などによって、売り上げアップを図り、企業の価値向上を目指していくといいます。

「タナベ経営—グローウィン・パートナーズの過半数株式取得と資本業務提携を発表」を読んで

Yahoo!ファイナンスが掲載している株式会社フィスコの「タナベ経営—グローウィン・パートナーズの過半数株式取得と資本業務提携を発表」という記事に注目してみました。

12月9日、タナベ経営はグローウィン・パートナーズが発行する株式のほとんどを取得して子会社化することを発表しました。それとともに、資本業務提携も行うとのこと。

グローウィン・パートナーズは、多くの公認会計士やプロ人財を要している会社です。クロスボーダー含む累計500件超の実績を持つM&A全般のサポートをはじめ、上場企業グループ向けのデジタル技術の導入・活用による経理・財務部門などのバックオフィス業務の生産向上・DX化。また、IPO準備企業に経営サポートや投資を行うベンチャーキャピタル、会社とエグゼクティブ人財をマッチさせるソリューションといった、クライアント企業とともに課題解決を行うことが強みのようです。

タナベ経営の経営コンサルティングにおける知識と、グローウィン・パートナーズが持つM&AやDXに関するノウハウを組み合わせることで、既存サービスの強化および新事業の立ち上げを推進していくとしています。