Monthly Archives: 10月 2020

「CAICA-–SI事業者に向けた業務効率化支援サービスプラットフォームの運営を担う子会社を設立」を読んで

Yahoo!ファイナンスが掲載している株式会社フィスコの「CAICA—SI事業者に向けた業務効率化支援サービスプラットフォームの運営を担う子会社を設立」という記事に注目してみました。

10月28日、CAICAは、SI事業者を対象とした業務効率化サポートサービスプラットフォームの運営を行う子会社の設立を決めたことを明らかにしました。

新たに設立される会社は「CAICAデジタルパートナーズ」。今年の11月2日に設立となるそう。SI事業者を対象とした業務効率化サポートサービスプラットフォームの運営は、CAICAの新事業だそうです。子会社は、機動的な事業運営体制を持つ専門会社として活動するといいます。
新事業での初めてのサービスとして、ファクタリングサービスの提供を来年1月頃に予定しているとのこと。

今後は、ブロックチェーン技術のなかでもスマートコントラクトを活かしたDApps型のサービスをさらに展開していくそうです。また、カウンターパーティリスクやエージェントコストを抑えたSI事業特化型プラットフォームを作っていくとのことです。

「テックファームホールディングス—スマートオフィス向けソリューションを強化」を読んで

Yahoo!ファイナンスが掲載している株式会社フィスコの「テックファームホールディングス—スマートオフィス向けソリューションを強化」という記事に注目してみました。

10月27日、テックファームホールディングスの子会社であるIoTプラットフォーム「MoL」において、スマートオフィス向けのソリューションを提供することを明らかにしました。このソリューションでは、アライドテレ死すホールディングスの無線LANアクセスポイントによる位置情報捕捉技術と連携して、位置情報を可視化することができるそうです。

位置情報は、アライドテレシスの位置情報捕捉ができる無線LANアクセスポイントと、ネットワーク統合管理ソフトウェア「AT-Vista Manager EX」を連携させることでわかるといいます。専用タグなどを使わずともパソコンやスマホを利用して現在位置がわかるため、無線LANアクセス機器の導入のみで、動線分析といった位置情報を活かすことが可能とのこと。

今後は、両社で工場や病院、オフィスを対象に、位置情報の可視化を取り入れた複合的ソリューションとして、あらゆる場面で活用していくそうです。

「オプティム—「京都サンガF.C.アプリ」にスタジアム周辺の混雑可視化機能を提供。安心安全なサッカー観戦の実現に寄与へ」を読んで

Yahoo!ファイナンスが掲載している株式会社フィスコの「オプティム—「京都サンガF.C.アプリ」にスタジアム周辺の混雑可視化機能を提供。安心安全なサッカー観戦の実現に寄与へ」という記事に注目してみました。

10月21日に、オプティムがKDDIと京都パープルサンガが共同で提供を始めた「京都サンガF.C.アプリ」に新機能を追加することを明らかにしました。
アプリは、安心・安全にサッカー観戦できるよう作られたもので、今回、「OPTiM AI Camera」の「混雑可視化機能」が追加されたそう。

「OPTiM AI Camera」は、既設の監視カメラを活かしてクラウド上で画像の解析をするAI画像解析サービスです。混雑状況を一目で確認できる機能を付けたことで、新型ウイルス感染防止および経済活動をサポートするそうです。利用者はアプリで混雑状況をみて、混雑を避けて行動できるといいます。人物は匿名化されるとのことで、利用者のプライバシーも保護されているそう。

同社は、2社が取り組んでいる安心・安全をテーマにしたサッカー観戦体験を実現させるため貢献していくといいます。

「タカラトミー、アメリカで玩具の製造・販売等の事業を行うファット・ブレインの持分取得、子会社化」を読んで

Yahoo!ファイナンスが掲載している株式会社フィスコの「タカラトミー、アメリカで玩具の製造・販売等の事業を行うファット・ブレインの持分取得、子会社化」という記事に注目してみました。

タカラトミーが、ファット・ブレインの持ち株を取得するとともに、同社を子会社とすることを発表しました。なお、ファット・ブレインの出資額がタカラトミーの資本額において、10/100以上となるため、同社の特定子会社に該当することになるそう。取得価額は4,337百万円とのこと。

タカラトミーは、子供向け玩具やカードゲーム、雑貨、乳幼児関連商品などを企画・製造・販売している企業。ファット・ブレインも、子供を対象とした玩具の製造をはじめ卸売り、ゲーム・玩具の小売事業に取り組んでいる企業です。

今回の子会社化により、タカラトミーはファット・ブレインのD2Cプラットフォームを活かし、トミーインターナショナルグループをより一層成長させることを目指すといいます。また、新型ウイルスの影響により消費者の購買行動が変化していることを受けて、その変化に合ったスピーディーな対応をしていくそうです。

「マザーズ先物見通し:反落、金融行政のデジタル化が下支え」を読んで

Yahoo!ファイナンスが掲載している株式会社フィスコの「マザーズ先物見通し:反落、金融行政のデジタル化が下支え」という記事に注目してみました。

10月15日のマザーズ先物は反落するといわれています。前日のアメリカ市場は投資銀行ゴールマンサックスの第3四半期決算債権トレーディングが順調で、アナリスト予想を超える決算を明らかにしたため好感。寄り付いて上昇したました。
しかし、民主党の下院議長ペロシ氏と財務長官のムニューシン氏により選挙前の追加経済対策の合意成立は難しいとの見解を示されると、失望感で下落となりました。ナスダックは続落。15日のマザーズ先物は、ナイトセッションが小安く取引を終了したら流れと、アメリカ市場が順調に推移しているため、反落で開始するとされています。

日本では、金融庁により21年度にも金融機関の行政手続きを完全デジタル化されると、日本経済新聞が伝えています。そのため、15日も時価総額上位のAIinsideといった電子化関連銘柄が強含み、先物を上昇させることが予想されています。

「デジタルホールディングス—オプトデジタル、AIテクノロジーブランド「LINE CLOVA」とパートナー契約を締結」を読んで

Yahoo!ファイナンスが掲載している株式会社フィスコの「デジタルホールディングス—オプトデジタル、AIテクノロジーブランド「LINE CLOVA」とパートナー契約を締結」という記事に注目してみました。

10月8日、デジタルホールディングスは、LINEのAIテクノロジーブランド「LINE CLOVA(ラインクローバ)」とパートナー契約を締結したことを明らかにしました。
パートナー制度「LINE CLOVA Partner Program」において、同社はLINE CLOVA各プロダクトの拡販をはじめ、製品の導入・運用などをサポートしています。

オプトデジタルは、今年の9月からLINEを使ったセキュアな顧客対応チャットツール「Deep Connect」を提供。これからは、「LINE CLOVA」の各種AI技術を活かし、昨日のアップデートを考えているといいます。
今回の締結によって、コールセンターでの利用者とオペレーター間の有人チャットの回数減ったり、受け付け内容入力時の手間が省けるなど、会社の生産性・サービスの利便性アップを図るだけでなく、サービス利用者の生活を便利にすることを目指しているそうです。

「ディーカレット、会津若松市の「極上のはしご酒」のデジタルクーポンの仕組みを提供【フィスコ・ビットコインニュース】」を読んで

Yahoo!ファイナンスが掲載している株式会社フィスコの「ディーカレット、会津若松市の「極上のはしご酒」のデジタルクーポンの仕組みを提供【フィスコ・ビットコインニュース】」という記事に注目してみました。

10月8日、仮想通貨(暗号資産)取引所のディーカレットは、会津若松市ナイトタイムエコノミー推進協議会がが先日スタートした観光活性化企画「極上のはしご酒」のデジタルクーポンの仕組みを提供したことを公表。

会津若松市内宿泊者を対象に1,000円で会津の郷土料理や酒を楽しむことができるナイトタイムエコノミー活性化企画である「極上のはしご酒」。この企画は、インターネットで全国からアクセス可能で、対象店舗の混雑状況の確認、クーポンの利用などができるそうです。

ディーカレットは、自社で作り上げたブロックチェーン上で、デジタル通貨を発光・管理するプラットフォームを、「ID決済プラットフォーム」と接続することで、デジタルクーポンを発行、管理するといいます。実施期間は、今月の6日から来月の30日までとのこと。

「ビットバンク、販売所サービスの提供を開始【フィスコ・ビットコインニュース】」を読んで

Yahoo!ファイナンスが掲載している株式会社フィスコの「ビットバンク、販売所サービスの提供を開始【フィスコ・ビットコインニュース】」という記事に注目してみました。

10月5日、仮想通貨(暗号資産)取引所ビットバンクは、“販売所”サービスの提供をスタートしたことを明らかにしました。同社は今月頭に、10月5日からサービスのスタートを公表していたため、計画通りの進行となりました。

販売所というのは、仮想通貨を同社と顧客の間で直接的に売買する店頭取引方式のサービスです。販売所を利用すると、ワンタップで容易に仮想通貨やビットコインが購入できるそう。また、取引所の流動性を活かして、販売所現物取引場で、業界最小レベルのスプレッドの価格を示すとしています。

初回の取り扱い通貨は、ビットコイン・ライトコイン・モナコイン・リップル・ビットコインキャッシュ・イーサリアムの6種類とのこと。取引は、24時間365日可能となっているそうです。

「オルトプラス子会社とアクセルマーク、LINE Blockchainでスポーツゲーム開発【フィスコ・ビットコインニュース】」を読んで

Yahoo!ファイナンスが掲載している株式会社フィスコ(代表:白井一成)の「オルトプラス子会社とアクセルマーク、LINE Blockchainでスポーツゲーム開発【フィスコ・ビットコインニュース】」という記事に注目してみました。

オルトプラスの子会社のOneSportsとアクセルマークにより、スポーツをテーマとした新作ブロックチェーンゲームの企画開発が行われ、9月30日に、LINEが「LINE Blockchain」上で提供することに合意しました。

OneSportsは、スポーツ関連事業に特化した企業で、多くのメジャースポーツゲームの企画開発およびサービス提供を行っています。スマホゲームの開発や配信を行うアクセルマークは、ブロックチェーンゲームの「コントラクトサーヴァント-CARD GAME-」などを展開しています。

本件で、OneSportsのスポーツゲームにおける知識やノウハウと、アクセルマークのブロックチェーンでの豊富な経験を取り入れ、スポーツファン層を狙った新たなブロックチェーンゲームを開発するとしています。
また、プラットフォームとして使いなれた親しみ深いインターフェースからブロックチェーンの操作が可能なことや、安全な取引ができる環境であることにより、LINE Blockchain上での提供を決定したそう。そのため、仮想通貨やブロックチェーンへのなじみが薄い人にも楽しんでもらえるのではないかと判断したといいます。