「アメリカ初となる現物決済ビットコイン先物が遂に誕生」を読んで

Yahoo!ファイナンスに掲載されていフィスコの「仮想通貨コラム」より、「米国初 現物決済ビットコイン先物が遂に誕生 LedgerXが提供開始」というニュースに注目してみました。

LedgerXは仮想通貨デリバティブ商品を展開している会社ですが、今回、機関・個人の投資家向けに現物決済ビットコイン先物の提供をスタートしたそうです。最近話題となっているBakktなどのローンチに先駆けて提供され、アメリカで初の現物決済ビットコイン先物商品となりました。

LedgerXの代表者は「仮想通貨は皆のためにあるものだ。機関投資家にのみサービスを提供することは我々の理念ではない」と語ったそうで、個人投資家もリーチできるサービスとして誕生。先物以外にも、ビットコインスワップやオプションも提供され、個人投資家が利用できる環境の整備が進められているそうです。

コラムでは、LedgerXのサービスについて、「需要のメインターゲットになるのは機関系だろう」と予測しています。ヘッジ手段やカストディによる恩恵、クリアリング機構を利用した精算システム整備の面で、機関系は一般投資家より大きな恩恵を受けるためだと述べています。

LedgerXは商品先物取引委員会により指定契約市場認可を受け、2017年には同委員会の精算機関ライセンスを取得。それにより、今回のような先物を自社単独で提供することができるようになったのだそうです。指定契約市場の認可と精算機関ライセンスを持っている企業はこの他にもあり、仮想通貨取引所ErisXも今年7月に取得。現物決済ビットコイン先物の提供を計画しているそうです。

もっともはやく先物の提供を発表したBakktも、現在ライセンスの発行を待ちながらもユーザー受け入れテストを実施。正式ローンチを今年7月~9月に予定するなど、先物の提供が広がっていきそうです。また、現物ビットコイン決済では、実際にビットコインを精算に利用するため、流動性・需要がより高まるとコラムでは期待を寄せています。新たなサービスが始まり、ビットコインを取り巻く環境もひとうねり起きそうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です