「今日の為替市場ポイント:ウイルス感染再拡大への懸念残り、ドル買い抑制も」読んで

Yahoo!ファイナンスが掲載している株式会社フィスコの「今日の為替市場ポイント:ウイルス感染再拡大への懸念残り、ドル買い抑制も」という記事に注目してみました。

6月22日のドル・円について、東京では106円76銭が107円01銭まで跳ね上がり、アメリカでは、106円97銭から下落したのち106円91銭で取引が終わりました。23日は16円台後半で進むとされています。新型肺炎感染の第二波への警戒からリスク選好なドル買いは抑えられる可能性があるとのこと。

前日に公表された5月の中古住宅販売件数は、年率で換算すると400万戸を下回ったが、中間価格は昨年同月と比べると上昇。このことから、市場関係者間では、6月中に住宅市況が底入れすると予想されているようです。
雇用情勢が改善され始めていることは、中古住宅市場の有力なサポート材料になるとされていて、6月以降は次第に復活していく見込みだそう。しかし、現状新型肺炎の再拡大への警戒があるため、いくつかの州での新感染者数の動きには注目するべきだとされています。

ドル・円は、短期筋・顧客筋のドル売り興味が107円台前半に残っているため、上値が重い状況が継続するそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です